多額の借金を抱えているなら債務整理の相談をしよう

ウーマン

借金ある場合の遺産の処理

相談

債務控除は赤字を差し引く

相続をするというのは死亡した人の財産を引き継ぐだけでなく、借金などの負債も一緒に引き受けることです。世田谷区のように地価が高い地域で土地を相続するだけでかなりの資産額になります。もしも死亡した人が多額の借金を抱えていた場合、弁護士に相談して相続放棄という手段を取ることができます。例えば世田谷区に所有する土地を担保に借金をしていた場合、そのまま相続すると多額の負債まで背負い込んでしまいます。このような時は相続放棄をした方がいいのです。もし弁護士の知り合いがいない場合は世田谷区の相談窓口へいけば紹介してもらえます。しかし借金の額と遺産を比較した場合、それほど借金が多くない場合は債務控除という方法を取ることもできます。例えば世田谷区に所有する土地でアパート経営をしていた人が死亡した場合、経営が赤字だったとします。この場合は赤字分の資産は相続財産から差し引くことができるのです。相続財産が1億円でアパート経営の赤字が1000万だとすると、その分を差し引いた9000万円を相続することができます。このような債務控除の対象となるのは、住宅ローンの借入金、事業の売掛金、金融機関からの借入金、アパートローンの借入金などがあります。その他にも葬式費用なども債務控除の対象になります。また延納中の税金なども控除対象になります。もし遺産相続で借金が見つかった場合は、弁護士に相談して債務控除した方がいいのか相続放棄した方がいいのかを決めることになります。